favorites of v67ny3 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of v67ny3all replies to v67ny3favorites of v67ny3

http://q7ny3v.sa.yona.la/1106

返信

右ウィンガーとマフィアのほかに、「黒い交際」が悪みたいに言ってるとKKKとかマルコムXも口寄せしそうですがね。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

合計210円の幸福感

返信

ダ○ソーで見つけたキッチン小物が、机の上のとあるスペースにまるで図ったかのようにピッタリはまった事で

自分でも意外なぐらい内心うれしくて機嫌が良くなる

安い幸福、安い満足感である


けど、こういう自己完結したささやかな幸せが一番気楽な幸福感で、手軽でいいと思った

私にはピッタリだ

まるで図ったかのようにピッタリな幸せ

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

Re: 増える方はともかく、減った日が明確にわかるのはなぜでしょうか

http://q7ny3v.sa.yona.la/1105

返信

たいてい踵のある靴をお召しの女性だったのですけれど、気付くとスニーカとかペタ履物に変わってて。まぁ元からマリッジリングがあることは判っていたのですよ。こっちもそうだしまぁお互い(ではない)判った上での関係(ない)だったのですけれど。その一昨日、開いてた文庫本が出産の心がけみたいな内容でね、あぁそうなのか、と。(出てもナイ)身を退いたまでで。

投稿者 q7ny3v | 返信 (1)

http://q7ny3v.sa.yona.la/1104

返信

+フジテレビ怒鳴り込み関係

なんか「ゴリ推しだ」「ブーム捏造だ」「陰謀だ」「サブリミナルだ」とかいってスポーツニュースの背景セットが国旗に見えるくらい疑り深い人たちのはずなのに、プロバイダ規制されなきゃ誰でも書き込める匿名掲示板のかわいい奥様たちがほんとに高い学力能力備えた機知聡明な行動力のある有閑専業主婦だと信じているお粗末感。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

http://q7ny3v.sa.yona.la/1103

返信

+妄想の同伴出勤

ワリと精密に同じ動作繰り返したいタイプなので毎日同じ時間に同じ車両の同じ扉から乗るのだ、まぁそのタイプって少なくないのだけれど乗り降り動線の合理とタダの拘りの比率は人によって違うだろう。思えば常磐線で千葉から東京に出勤していたころから関西在住の今日まで、欠かさず通勤電車の(勝手)恋人が(複数)いる。昨日また一人増えた、一昨日一人減ったけど。

投稿者 q7ny3v | 返信 (1)

バシバシガタゴトうっさいよ 

返信

不機嫌になったら物に当たって音出してウンウン唸ってよー

ガキかよォー

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

常に不快な音と声と隣りあわせですごす苦痛が分からないらしい

返信

ムカシワー

フツウワー

ジョウシキテキニー

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/720

返信

緩急ついてばっかりのこの頃

当時としては非常にめんどくさい上に難しいことなのだが

多分、5年後ぐらいには今を羨み、またひとつオッサンになっているだろう

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

心で泣いて、体は死んで。

返信

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

消えていく感覚

返信

消していく感覚

別れの予感に、終わってしまいそうな空気

どんなに吸い込んでも満たされず、

いかに逃れようとも包まれる

私は今、また迷路の中に押し込められ

必要な明かりの得る手も無く

感じる声はあざ笑うのか、誘うのか

目に見える何かは光なのか、闇なのか

それとも何も見えておらず、何もかもが幻想か


いっそ幻想であれば良いと思いながら、眠りに落ちる

目が覚めた頃には何時も光に包まれた朝で、ああ、あれはやはり幻想だったのだと安堵して生きる

またいつでも、迷宮に落ちる可能性を忘れながら

足を引きずり陥れんとす妖怪のような手に背を向け逃げ出す

しかし確かに、その手は人のもので、また、私のものでもあった

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

普通と唱える不自然

返信

・なんでもかんでも自分の手の届く範囲に、目の届く範囲に、好き勝手できないと気がすまない

・昔はどうたらこうたらと、若い頃はどうたらこうたら、今のあり方に否定から入って自分のルールに従わないと気がすまない

・突然キレる 声がでかい 耳が遠い

・酒を飲んでから話し出す

・話が飛躍してそのうち何が論点だったのかすら分からなくする

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

瞼ピクピク三ピクピク

返信

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

ネーバーエンディング

返信

世間はあわよあわよと盛り上がる

夏の終わりに、恋の終わりに、今日の終わりと、明日の夜明けに

始まったばかりの人も、まだまだ続く人も、一区切りつけようとする人も


そんな中、私は…

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

そこに確かにある1pixelの壁

返信

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/713

返信

言葉は、みな夜のうちに自分にぶつけてきました

もう何も言う事はありません

ただ、それは私でした

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

暇じゃないときにばかり湧き上がるイマジネーション

返信

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/711

返信

人の世界を覗くばっかりで自分はなんていうか、そう、考えてないから

だからいけないんだと思う


昔から「自分だけの何か」を考えるのは大の苦手でした

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

http://q7ny3v.sa.yona.la/1102

返信

ドリカムの歌の人にどーしようもない疑念と気持ち悪さを感じていて、

「死ぬって分かってて略奪して結婚したんでしょ」ていう。

 ドレミファソファミレド♪

 いちばんすきなひと♪

もうちょっとマシなメロディ書きなさいよ、ていう。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/710

返信

曇り空が朱色できれい

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

一年三百六十五日 一歩違いで にがしても

返信

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.